7-Zip形式のアーカイブをつくる(分割可)

7-ZipはZipよりも圧縮率のよいアーカイバ。

Windows版にはGUIがある。Linux / Unixのコマンドラインで使うバージョンはMacにもポートされている。

インストール

  1. ターミナルを起動
  2. Homebrewのインストールがまだだったら、先にそれをインストールする
  3. Homebrewでp7zip(コマンドライン版)をインストールする
$ brew install p7zip

アーカイブをつくる

準備

  1. 作業用のフォルダを用意:アーカイブするファイルやフォルダをそこにまとめておく
  2. ターミナルでそこに移動:「cd(スペース)」まで打って、Finderで作業用フォルダをターミナルのウインドウにドラッグ&ドロップする

圧縮してアーカイブする

アーカイブするものは、ファイルでもフォルダでもよい。複数あれば、スペースで区切って列記する。アーカイブの拡張子は自動ではつかないので、明示的に指定する。

$ 7z a (アーカイブ名).7z (アーカイブするもの)

圧縮しないでアーカイブするだけ

JPEGなどすでに圧縮してあるファイルは、ほとんど圧縮されない。圧縮をオフにすると、時間が掛からない。「-mx=0」を付け加える。

$ 7z a -mx=0 (アーカイブ名).7z (アーカイブするもの)

圧縮してアーカイブして暗号化する

パスワードを設定して暗号化することもできる。

$ 7z a -mem=AES256 -p(パスワード) (アーカイブ名).7z (アーカイブするもの)

ZIP形式のアーカイブを作る

「-tzip」を付け加えるとZIP形式になる。

$ 7z a -tzip (アーカイブ名).zip (アーカイブするもの)

分割されたアーカイブをつくる

ファイルのアップロードなどで、最大アップロードサイズに制限があるときには、アーカイブを分割すればよい。「-v(分割サイズ)」を付け加える。「-v」の後にはスペースを入れない。サイズ指定には「k, m, g」が使える。Zip形式でも分割できる。分割されたアーカイブには、「001」から連番が付く。

$ 7z a -v1g (アーカイブ名).7z (アーカイブするもの)

解凍

解凍にもp7zipを使う。Stuffit Expanderも解凍しようとするが、正常に解凍できないようだ。

アーカイブの中身をチェック

$ 7z l (アーカイブ)

解凍する

$ 7z x (アーカイブ)

分割されたアーカイブでは、最初のだけ指定すればよい

$ 7z x (アーカイブ).001

解凍先を指定する

「-o」のあとにはスペースを空けずに解凍先のディレクトリ名を入れる

$ 7z x -o(解凍先) (アーカイブ)