Homebrew関係をまとめてアップデート

Homebrew関係をまとめてアップデートするスクリプトを作成し、コマンド打ち込みの手間を減らす。

テキストエディタで次の内容のファイルを作り、「brew-update-all.sh」という名前(例)でホームに保存する。

#!/bin/bash

echo "==> Updating Homebrew"
brew update
echo ""
echo "==> Updating Formulae"
brew upgrade
echo ""
echo "==> Updating Casks"
brew cask upgrade
echo ""
echo "==> Cleaning up"
brew cleanup

上に続けて下を記載しておくと、インストールされているソフトウエアをリストする。

echo ""
echo "==> Installed Formulae"
brew list --versions
echo ""
echo "==> Installed Casks"
brew cask list --versions

Rを入れてあったら、RのアップデートでRのインストール先のアクセス権が変になることがある。ついでになおしておく

echo ""
echo "==> Fixing permission of R installation"
chmod -R u+w /usr/local/Cellar/r
echo ""
echo "==> Done!"

使うときは次のコマンドで

./brew-update-all.sh