in situハイブリダイゼーションで染色した胚のClearing法

Clearingとは、顕微鏡観察のために標本を透明にする処理のこと。標本と屈折率の近い溶媒に標本を浸漬し、界面での光の散乱を低減させる。in situハイブリダイゼーションの場合、未反応の基質を溶かして染色のコントラスト